小学生の通信教育一覧

2017年8月4日

小学生が自宅で学習するための、通信教育、家庭学習教材の一覧です。特徴や教科、受講料金、教科書に対応しているかどうか等、比較しやすいようにまとめました。小学生のお子さんのために、目的に合った教材を探している方におすすめの記事です。

※この記事は、2015年12月に書きました。現在の料金、教材の内容は、各通信教育の公式サイトでご確認下さい。

勉強中

うちの子供も、気づけば来年はもう5年生。今は、学校の宿題を中心に、ちょっと苦手感のでてきた作文は「ブンブンどりむ」という作文専門の通信教育をプラスする、といった家庭学習をしています。

ブンブンどりむの感想はこちらの記事に書いています。
→作文の通信教育ブンブンどりむを受講してみて

高学年になる来年度からは、国語や算数といった主要教科についても、学習の軸となるような通信教育や教材がほしいと思い、探しているところです。

まずはじめに、日本の小学生向けの通信教育や、家庭で自習するための教材には、どういったものがあるのかを調べて、一覧にしてみました。

なお、私立難関中学受験を目指すための学習は、全く内容が異なりますので、ここでは取り上げません。また別の機会があれば、まとめたいと思います。

ここでは「小学校で習うことの予習、復習をしっかりしたい」「余裕があれば応用問題にも少し触れてみたい」という方から、「公立中高一貫校の適性検査も視野に入れておきたい」といった方までを対象とした通信教育を探しました。

  • 郵送で問題集やテストが送られてくるもの。
  • デジタル教材がインターネット配信されるもの。
  • 添削指導を受けられるもの。
  • 問題を解いたら自分で〇つけをし、解説を読むもの。
  • 4教科で一か月千円を切る手ごろな料金のもの。
  • 値段は高いけれど指導が手厚いもの。

このようにいろいろなタイプの通信教育、家庭学習教材の情報を一覧できる表も作ってみました。家庭学習教材選びの参考にしていただけると幸いです。


料金については、私が調べた時点のものを参考までに掲載しています。消費税8%込みの金額です。最新の詳しい情報は公式サイトでご確認下さい。

また、英語学習だけ、作文だけを目的とした教材はここには含めません。算数、国語など他の教科に英語や作文もプラスできる、という教材はこのページの一覧に含めています。

 

小学生の通信教育・家庭学習教材

このような目的の方におすすめの通信教育、家庭学習教材です。

  • 学校の授業を自信をもって受けたい。
  • 学校で習ったことを復習し定着をはかりたい。
  • 学校のテストで100点を取りたい。
  • 家庭学習の習慣をつけたい。
  • 余裕があれば応用問題もやっておきたい。
  • 公立中高一貫校も少し気になっている。

対応している学年、教科、料金、特徴を掲載しています。

教科書に準拠しているかどうかという点についてもチェックしました。

進研ゼミ小学講座

添削有 タブレット教材または紙の教材から選択 教科書準拠 発展コース有

たぶんいちばん有名な通信教育。クラスのあの子もやってる、進研ゼミ。

→公式サイト 進研ゼミ小学講座

学年

小学校1年生から6年生。幼児、中学生、高校生用コースもあり。

教科

  1. 紙のテキストとテストに取り組み、手書きの添削指導を受けられる「チャレンジ」
  2. タブレット教材で学習し、添削は一部手書きのものがタブレット上で見られる「チャレンジタッチ」

上記の2つから選んで受講する。

  • 1~2年生 国語、算数
  • 3~6年生 国語、算数、理科、社会

基礎コース/応用コース(1~2年)
標準コース/挑戦コース(3~6年)

2つのコースのいずれかを選んで受講する。教材の一部がコースにより異なる。

教科書への対応

国語、算数、理科、社会の教科書に対応。

進研ゼミ小学講座の料金

(2015年12月時点)

「チャレンジ」と「チャレンジタッチ」の料金は同じです。

・1~2年生 3343円/月
・3年生   4062円/月
・4年生   4865円/月
・5年生   5632円/月
・6年生   5779円/月

毎月払いの例。6か月払い、12か月払いで割引あり。

進研ゼミ小学講座の特徴

  • 長年人気がある通信教育。
  • イラストが多いカラフルなテキスト。
  • 学習マシーン的なものや実験セットなどの付録がついてくる。
  • 子供の興味を引きつける教材。

小学生の通信教育・家庭学習教材一覧のもくじへ戻る
 
このページのトップへ戻る

小学館ドラゼミ

添削有 紙の教材 国算のみ

作文教育に力を入れているドラゼミ。ドラえもんといっしょに楽しく勉強しましょう。

→公式サイト 小学館 ドラゼミ

学年

小学校1年生から6年生。幼児コースも有。

教科

国語、算数

教科書への対応

教科書には準拠していない、独自のカリキュラム。

小学館ドラゼミの料金

(2015年12月時点)
・1~2年生 3333円
・3年生  3657円
・4年生  4089円
・5年生  4413円
・6年生  4737円

毎月払いの例。6か月払い、12か月払い割引あり。

小学館ドラゼミの特徴

  • ドラえもんがイメージキャラクター。
  • 「百ます計算」で有名な陰山英男先生が監修。
  • 国語と算数に特化。
  • 担任制の添削指導。
  • 作文指導に力を入れている。
  • 基本学習ページの他、応用問題の「がんばりプラスページ」がある。

小学生の通信教育・家庭学習教材一覧のもくじへ戻る

Z会小学生

添削有 紙の教材またはタブレット教材から選べる 教科書準拠 ハイレベルコース有 作文 中学受験対策 公立中高一貫対策

教材の質の良さはもちろんのこと、目的に合ったレベルと教科を自在に組みあわせられるのが魅力のZ会。

→公式サイト Z会の通信教育

学年

1~6年生。幼児用、中学生用、高校生用、社会人用もあり。

教科

Z会のコースは多岐にわたっています。ここでは簡単にまとめてみますが、よりわかりやすい記事も後で書きたいと思います。

従来型(紙の教材)コース

【本科】

  • 1~2年生 国語、算数、経験学習(3教科セットのみ)
  • 3~6年生 国語、算数、理科、社会(1教科でも受講可)

ハイレベルコースを選択可。(理科、社会は5~6年のみ。経験学習はハイレベルなし)

【専科】本科にプラス、または専科のみの受講も可。

  • 英語(3~6年生)
  • 作文(5~6年生)
  • 公立中高一貫適性検査(5~6年)
  • 公立中高一貫作文(6年)

中学受験コース有(私立難関中学受験対策用のコース。ここでは詳しい内容は省略します)

タブレットコース

  • 3~4年生  国語、算数、理科、社会、英語、総合学習(6教科セット)

タブレットコースは、2016年度3~4年生のみで新設。

教科書への対応

3~6年生の算数、理科、社会が教科書対応。

その他は、学習指導要領や全国の小学校の標準的な進度を参考にしたオリジナルカリキュラム。

Z会小学生の料金

z会の受講料金は、基本料金と教材料金からなります。コースや専科を様々に組み合わせることができ、4教科セット割引などもあり、簡潔にご紹介しにくいため、参考までにいくつか例を挙げたいと思います。

Z会のホームページで、受講費用のシミュレーションができます。

→公式サイト Z会の通信教育

  • 例1) 1~2年生(国算総 スタンダード)  4319円/月
  • 例2) 1~2年生(国算総 国算はハイレベル)4730円/月
  • 例3) 3年生(国算理社英総 タブレット)  7029円/月 +タブレット端末料金
  • 例4) 3年生(国算理社 スタンダード)   5656円/月
  • 例5) 4年生(国算 スタンダード)     4010円/月
  • 例6) 4年生(国算理社 国算はハイレベル) 6066円/月 
  • 例7) 5年生(国算理社 スタンダード+作文) 9051円/月
  • 例8) 6年生(国算 スタンダード+英語)   6479円/月
  • 例9) 6年生(国算理社 4教科ハイレベル+公立中高一貫適性+公立中高一貫作文)15526円/月

上記は毎月払いの例。6か月払い、12か月払いで割引あり。

タブレットコースは、手持ちのiPadやAndroidタブレットを使用できる場合があります。その他の場合は、タブレットを購入する必要があります。専用のタブレット等はなく、iPadなどでOK。パソコン、スマホは使用不可。

z会小学生の特徴

  • コース、教科、専科の組みあわせで、目的にぴったり合った教材を選ぶことができる。
  • 教材の質が良い。材質、使いやすさ、紙面のデザイン、教材の内容など…
  • 担任制の添削指導を受けられる。
  • 作文の専科がある。
  • 公立中高一貫校の受検対策コースがある。

実は私は、子供に受講させるならZ会と、以前から思っていました。本当は知の翼かZ会と思っていたのですが、知の翼は終了してしまうようなので…

子供の将来を預ける教材の候補として、これからZ会は特に念入りにチェックしていきます!



小学生の通信教育・家庭学習教材一覧のもくじへ戻る
 
このページのトップへ戻る

学研通信講座

添削有 紙の教材にタブレット教材を追加できる 作文 公立中高一貫

塾「学研教室」と同等の学習を自宅で行なうことができる、学研通信講座です。

→公式サイト「学研通信講座」

学年

小学校1年生から6年生。幼児コース、中学生コースも有。

教科

国語、算数が必須。

他に以下の科目を選択してプラスできる。

・英語(1~6年)
・理科、社会(5~6年)
・作文(3~6年)
・公立中高一貫対策(6年)

※学年は目安。学年ではなく学習の進展状況を独自の「級」で表す。

教科書への対応

教科書への対応はなく、学年への対応は目安のみ。習熟度別のオリジナル教材。

学研通信講座の料金

(2015年12月時点)

入会金 5140円
 
・1年~6年 算国   8730円/月
・1年~6年 算国英  12850円/月
・1年~6年 算国英i 15930円/月 ※タブレット教材を使用するコース

※iコースには、初期設定費用とタブレット購入費用として26460円が別途かかります。

上記にプラスすることができる教科

・理科(5~6年) 3240円/月
・社会(5~6年) 3240円/月
・作文(3~6年) 3240円/月
・公立中高一貫(6年) 3780円/月

学研通信講座の特徴

  • 教材は月2回郵送される。
  • 完全担任制。
  • 手書きの添削指導。
  • 月1~2枚の添削課題ではなく、毎日取り組むプリントをすべて添削。

小学生の通信教育・家庭学習教材一覧のもくじへ戻る

小学ポピー

添削なし 紙の教材 教科書準拠

ワーク+テスト。教科書対応のきれいなテキスト。学校の授業に沿って家庭学習ができる。

→公式サイト 家庭学習教材【月刊ポピー】→今なら無料見本プレゼント!

学年

小学校1年生から6年生。幼児コース、中学生コースもあり。

教科

  • 1~2年生 国語、算数がセット
  • 3~6年生 国語、算数、理科、社会がセット

上記の教科の他、英語や作文の教材も時々プラスされる。

教科書への対応

教科書に対応している。

小学ポピーの料金

(2015年12月時点)

・1年生   2700円/月
・2年生   2800円/月 
・3~4年生 3100円/月
・5~6年生 3400円/月

小学ポピーの特徴

  • 月1回、教材が郵送される。
  • 主な教材は、問題集「ワーク」と、テスト。
  • 添削指導はない。親、または自分で丸つけする。
  • テキストはカラーで見やすい。
  • 教科書対応。学校の授業の進み具合に沿って勉強できる。



小学生の通信教育・家庭学習教材一覧のもくじへ戻る
 
このページのトップへ戻る

スマイルゼミ小学コース

添削なし タブレット教材 発展クラス有

子供が自分から取り組み、継続する、楽しいタブレット学習。

→公式サイト ◆スマイルゼミ◆

学年

小学校1年生から6年生。小学校入学準備コース、中学生コースも有。

教科

  • 1~2年生 国語、算数がセット。英語をプラスできる。
  • 3~6年生 国語、算数、理科、社会がセット。英語をプラスできる。

各学年に、標準クラスと発展クラスがある。

教科書への対応

多くの教科書に対応している。

スマイルゼミ小学コースの料金

(2015年12月時点)

・1年生  標準 3600円or発展 4400円/月
・2年生  標準 3900円or発展 5000円/月
・3年生  標準 4400円or発展 5500円/月
・4年生  標準 4900円or発展 6000円/月
・5年生  標準 5400円or発展 6500円/月

上記に英語をプラスすることができる。

英語(1~6年)790円/月

毎月払いの例。6か月払い、12か月払いで割引有。2年目以降は継続割引有(低学年から始めるとお得)

・6年生は、現在は中学準備講座のみ申込み可。6年生中学準備講座 4980円/月

スマイルゼミ小学コースの特徴

  • 子供が自発的に取り組み、続けられる。
  • 学習データと全国のできる子の学習パターンから、毎日学習内容を自動生成。
  • ミッション形式で無限大に取り組める問題。
  • 勉強するとスターがたまり、アプリで遊べるようになる。
  • タブレット使用時間、アプリで遊べる時間は親が制限できる。
  • 漢字などは専用のペンでタブレットに書いて学習。
  • 標準クラスは基礎学習と、授業の予習復習。
  • 発展クラスは上記プラス応用問題、高学年は中学入試過去問も。
  • 添削指導はないが、丸つけは自動でしてくれる。
  • 励みになる評価とご褒美のしくみがある。



小学生の通信教育・家庭学習教材一覧のもくじへ戻る

がんばる舎「Ganbaエース」

添削なし 紙の教材 教科書準拠

月800円で、主要教科のプリント学習。 がんばる舎の「Ganbaエース」

→公式サイト がんばる舎の幼児・小中学生用の家庭学習教材

学年

小学校1年生から6年生。幼児教材、中学生用教材もあり。

教科

  • 1~2年生 国語、算数、生活科、英語のセット
  • 3~6年生 国語、算数、理科、社会、英語のセット

上記に応用問題中心の「パワーアップ算数」をプラスできる。

教科書への対応

国語、算数、理科、社会は教科書に対応。(生活科は学年で習う内容に対応)

がんばる舎「Ganbaエース」の料金

(2015年12月時点)
・800円/月

毎月払いの例。年払い割引有。

応用問題の「パワーアップ算数」は1年分まとめて届き、3100円/年

がんばる舎「Ganbaエース」の特徴

  • 安い料金で主要科目+英語の学習ができる。
  • 算数の応用問題集もつけることができる。
  • 親または自分で丸つけをする。
  • 白黒のとてもシンプルなプリント。

小学生の通信教育・家庭学習教材一覧のもくじへ戻る
 
このページのトップへ戻る

いちぶんのいち

添削なし 紙の教材 教科書準拠

「付録はいらない」がコンセプトのプリント学習、いちぶんのいち。

→公式サイト いちぶんのいち

学年

小学校1年生から6年生。幼児用、中学生用もあり。

教科

1年生~6年生 国語、算数のセット

上記に、「教科書対応版」と、共通版の「すきっと」がある。併用することも可。

Eコース(リスニングCD付の英語コース)をプラスできる。

生活科、理科、社会、英語の、1年分1冊の別冊もあり、これだけ購入することもできる。

教科書への対応

国語、算数は教科書対応版がある。

いちぶんのいちの料金

(2015年12月時点)
・1年生~6年生 教科書対応版 国算 820円/月
・1年生~6年生 すきっと   国算 820円/月

毎月払いの例。年払いで割引あり。

・Eコース 305円/月

・生活科、理科、社会、英語…各1年分1冊1645円

いちぶんのいちの特徴

  • 1967年から続く学習プリントの老舗。
  • 月1回教材が郵送される。
  • 添削指導はない。
  • 親または自分で丸つけをする。
  • 白黒(すきっとは一部カラー)のシンプルなプリント。

小学生の通信教育・家庭学習教材一覧のもくじへ戻る

スタディサプリ

添削なし タブレットまたはパソコン教材 応用講座有

パソコンやタブレットで動画授業+ドリルの今どき教材。お手頃料金もうれしい、スタディサプリ。

→公式サイト 勉強サプリ

学年

小学校4~6年生。中学生コースもあり。

教科

国語、算数、理科、社会のセット。

基礎講座、応用講座が含まれる。

教科書への対応

小学生版は教科書に未対応。

スタディサプリの料金

(2015年12月時点)
980円/月で全機能が使える。

6か月、12か月払い割引あり。

手持ちのパソコンまたはタブレットを使える。タブレットを10000円で購入することもできる。

勉強サプリの特徴

  • 安い料金で主要4教科の学習ができる。
  • 一流の先生による動画授業。(画面に先生が登場する)
  • 動画授業を視聴し、ドリルで確認。
  • 通常学習モード、テスト勉強モードを切り替えて学習。
  • 基礎講座の他、応用講座にも取り組める。
  • ポイントをためて、モンスター育成ゲームができる。


勉強サプリ/今なら1週間お試し無料

小学生の通信教育・家庭学習教材一覧のもくじへ戻る
 
このページのトップへ戻る

通信教育・教材選びのポイント一覧表

小さくて見づらいかもしれませんが、一覧表にしてみました。クリックすると多少大きくなります。
 
小学生の通信教育一覧

小学生の通信教育・家庭学習教材一覧のもくじへ戻る

通信教育・家庭学習教材の料金比較

料金の比較は学年や受講するコース、教科によって条件が異なりむずかしいのですが、目安として、次の条件で計算してみました。

5年生で国語、算数、理科、社会の4教科を受講。ハイレベル等ではなく標準的な難易度のコースを選び、毎月払いにする場合の料金

 
もう一つ、低学年の例も挙げておきます。

2年生で国語、算数の2教科を受講。ハイレベル等ではなく標準的な難易度のコースを選び、毎月払いにする場合の料金

 
教材は、開発費がかかっているもの、材質やデザインがいいもの、添削など人手が多くかかるものほど高いです。なので、安ければいいというものではありませんが、並べてみると、「あら、意外と……」と思う教材もあったりなんかしますね。教材への期待度と料金が見合ったものを選びたいですね。

小学生の通信教育・家庭学習教材一覧のもくじへ戻る

目的に合わせて通信教育を選びましょう

ここでは、「学校の予習復習をしっかりやり、余裕があれば応用問題にも挑戦できたら…」という家庭学習の目的をもっている方に、選択の候補にあがりそうな通信教育や家庭学習教材を集めてみました。

どれも、学校で習うことを予習、復習し、定着させる目的に合った内容の教材だと思います。応用的な問題もやってみたいという希望にもこたえてくれる教材が多いのは、ありがたいですね。

あとは…

  • タブレット教材にするか、紙に手で書く教材にするか。
  • 添削指導は必要かどうか。
  • 親が毎日丸つけをする等の手をかけられるかどうか。
  • お子さんは自発的に課題をこなせるタイプか、ご褒美や評価などを励みにした方がいいタイプか。
  • 教材のデザインや使いやすさは、好みに合うかどうか。

…といったことと、料金を見比べて、候補を絞っていくのが良いのではないかと思います。

多くの教材は、無料で使用できる期間があったり、お試し用の教材を送ってもらえたりするので、いくつか試してみるのがいいと思います。

子供が気に入るかどうか。

これがとても大事です。

私は小学生の頃、学校の近くで配られていたパンフレットを見て、進研ゼミをやりたいと親に頼んだことがあったのですが、オマケで釣って勉強をさせるような教材はダメというのが私の親の考えでした。

そして親が選んだ、進研ゼミよりはずっと地味な感じの(と子供の頃は思ったのです)、家庭学習教材をやることになりました。ところが、全くやる気が起こらず、結局続かなかったんです。

ずいぶんわがままだったなぁと今となっては思いますが、そういう思い出があるので、私は子どもが気に入るかどうかという点は、教材選びではとても重視してしまいます。

親が候補を絞っていくつかお試し教材を取り寄せ、試してみて、お子さんの反応を見て決めた方がいいと思います。

上にも書いたように、私はZ会がいいと以前から思っているのですが、他にも気になる教材がいくつか見つかりました。

子供が自分から喜んで勉強しそうな楽しいタブレット教材スマイルゼミ

4年生以上で、家にタブレットかPCがあるなら、月1000円弱で4教科の動画授業+ドリルの学習ができるスタディサプリ

私がまだ知らないものもたくさんあると思います。また、これはというものを見つけたら、ご紹介します。

さて、うちの子も来年はもう高学年。じっくり考えて決めないといけないなぁ…

2016年3月19日追記

通信教育を決めるために、資料を取り寄せたり、お試し教材をやってみたりと検討してきました。最終的にうちの子供がやることにしたのはZ会です。

こちらの記事に、Z会に決めた理由をくわしく書いていますので、よろしければお読みください。

→通信教育を決めました!




Z会の通信教育 小学生コース

———

このページのトップへ戻る

総合もくじのあるHomeへ