うるう年とは何か?

閏年(うるうどし)について、知っておきたいことをまとめているページです。

うるう年の判別方法も書いていますので、参考にしてください。

うるう年とは

地球が太陽の周りを1周するのにかかる日数は、365日ちょうどではなく、365日と約6時間ぐらいなのだそうです。

1年間を365日とすると、この端数の6時間分ずつ、年々ずれていってしまうことになります。

このずれを修正するため、4年に1度、1年が366日ある年を設けることにしたのです。この年のことを

閏年(うるうどし)

といいます。

平年は2月は28日までしかありませんが、うるう年は、2月29日(閏日)があります。

うるう年の計算による判別方法

西暦何年がうるう年になるのか、簡単に知る方法があります。

  • 西暦年が4で割り切れる年はうるう年である。
    (ちなみに4で割り切れる数は、下2けたが4で割り切れるか00である)
  • ただし100の倍数の年はうるう年ではない。
  • ただし400の倍数の年はうるう年である。

この判別方法に当てはめて考えてみると…

2017年は、下2けたが4で割り切れないし400の倍数でもありません。だからうるう年ではありません

2000年は、4の倍数(うるう年)ですが、100の倍数(うるう年ではない)ですが、400の倍数なので、うるう年です

うるう年とオリンピック

夏のオリンピックが開催されるのは4で割り切れる数の年です。

ですから、100の倍数で400の倍数ではない年は、オリンピックが、うるう年ではない平年に開催されるということ。

この計算方法によると、2100年は、大変珍しい「うるう年ではないオリンピック開催年」となるんですね。

このページのトップへ戻る

総合もくじのあるHomeへ