朝日小学生新聞と読売KODOMO新聞を取ってみた感想

2018年1月7日

「朝日小学生新聞」「読売KODOMO新聞」を、小学生の子供用に、いままで何年も続けて取ってきました。

このページでは、2つの子供用の新聞について、感想を書いてみたいと思います。

朝日小学生新聞

まず現在とっている朝日小学生新聞です。

朝日小学生新聞は、毎朝届く新聞で、ニュースや生活の情報、知識が、子供にも読みやすく掲載されています。

朝日小学生新聞

漫画、小説、読者が投稿するイラストのコーナー、クイズやパズルなどのお楽しみコーナー、英語や算数、言葉の学習の記事もあります。

読み始めたばかりのころは…

新聞を取り始めたばかりの頃は、漫画やイラストが多いところばかり見ていました。

読者の投稿コーナーを見るのが好きみたいでしたね。

そのうち、連載小説を読み始めると、自分から毎日新聞を取りに行って、必ず読むようになりました。

しだいにあちこちよく読むようになり、いまは特に、科学や歴史に関する記事は好きでよく読んでいます。

勉強に関するコーナーはほとんど読みませんが、まあいいかと思っています。

(私は学習に関する記事も読んで、このサイトの記事を書くのにもずいぶん参考にさせてもらっています)

子供が新聞を読む時間は、朝15分くらいです。

時事に関する用語に強くなる

子供が新聞を読んで、特によかったなと思うことは、時事に関する知識が自然と身につくということです。

朝日小学生新聞には、「ニュースあれこれ」というコーナーがあり、科学、政治、社会など様々な分野の用語を、子供向けにやさしく解説してくれています。

うちの子供は高学年になってからは、1面だけは必ず読むことに決めていました。

一日あたり読む時間はわずかですが、毎日続けるというのが力になるんですね。

今では、ニュースに出てくる言葉などは、大人顔負けというぐらいよく覚えています。

中学受験にも役立つ

小学生向けの新聞には、中学受験にも役立つ内容がたくさんあります。

  • 新聞を読むことで時事に関する知識が身につく
  • 入試問題の解き方をやさしく解説する記事
  • 様々なジャンルの記事を多く読むことで語彙力、読解力が身につく
  • 作文に関する様々な記事

長文を読むことが苦にならない、ということは受験勉強には大きな強みとなります。

速く正確に読む力は、短期間では身につかないものです。

受験するかも?と思っている方は、3~4年生ぐらいから、新聞を活用して、文章を読む習慣をつけておくといいと思います。

読売KODOMO新聞

我が家で、朝日小学生新聞を取り始めたのは、3年生になってからです。

その前は読売の子供向け新聞である、読売KODOMO新聞を取っていました。

読売KODOMO新聞

朝日小学生新聞は毎日届きますが、こちら読売KODOMO新聞は毎日ではなく、週一回だけ届くもので、料金も月500円とお手頃です。

低学年の方や「せっかく取っても、子供が読むかどうか心配」という場合、様子見にはこちらがいいかもしれません。

子供新聞を家庭学習に活用しよう

うちでは、新聞を音読の教材として使用したり、家庭学習ノートに活用したりしています。

家庭学習ノートへの新聞の活用方法は色々あります。

  • 音読をする
  • 記事を読んでいて意味がわからない語句を辞書で調べる
  • 記事の感想を書く
  • 記事の要約をする
  • 記事の内容からイメージして、絵を描く

中でも、よく行うのが新聞記事の書き写しです。

3年生の息子は、コラムや囲み記事を、ノート1ページに書ききれるだけ書いています。記事の最初から書き始めて2段落ぐらい書いたり、気に入った部分だけを書き写したり、色々です。

イラストやグラフもかき写そう

書き写しというと、文章ばかりが思い浮かぶかもしれませんが、それだけではありません。

新聞は、写真やイラスト、表やグラフなどの資料も豊富です。これをよく見てかき写すのも、とてもいい勉強になるんです。

また、新聞記事からイラストや資料の部分を切り抜いてノートに貼り、その横に、自分の感想や記事の要約を文章で書くというのもいいですね。

家庭学習ノートに、何をやろうか迷ったら新聞!おすすめです。

小学校の授業にも役立つ

小学校では、総合の時間などに、授業の中で新聞づくりをすることがあります。

見出しを考え、絵や資料と、文章の説明を、見やすくまとめるのは、むずかしいですが、子供たちにとって楽しい学習でもあるようです。

ふだんから新聞を読んでいると、見出しのつけかたや、レイアウトの仕方など、知らず知らずのうちに身についてくるのではないでしょうか。

小学生の家庭学習に新聞!おすすめです

うちの子供は、朝食前に新聞を読むので、朝ごはんのときに、新聞の内容が話題にのぼることがとても多いです。

こんな習慣から、ものごとを説明する力、自分の意見を話す力、人の意見を聞く力などがついてくるのではないかと思っています。

受験対策、勉強という感じではなく、生活の中で楽しく自然にできるという点がとても気に入っています。

ちなみに、読売も朝日も、大人向けの新聞を取らずに、子供新聞だけ購読することができます。うちも、取っているのは子供新聞だけです。

離れて暮らすお孫さんへのプレゼントとして、新聞を購読されている方もいらっしゃるそうですよ。

学びの機会をプレゼントするという、素敵なアイディアですよね。

みなさんも、子供用の新聞をくらしの中に取り入れてみませんか?

↓500円!おすすめのこども新聞はこちらから

このページのトップへ戻る

総合もくじのあるHomeへ