通信教育をいまから真剣に選びます

2018年5月30日

この頃、小学生向けの通信教育のサイトをよく見ています。

今のところ、うちの子供は通信教育も塾も何もやっていません。

小学4年生ですので、そろそろ何か、宿題以外の勉強をやった方がいいと思ってはいるのですが。

広告

家庭学習の現状

いま宿題の自主勉強は、土日に一日2ページ、平日は1ページやるかやらないかです。

漢字のミニテストをやったり、教科書から計算問題を写してやったり、学校で習ったことの復習になるような内容のまとめノートを作ったり、日記を書いたりですね。

私がこういうサイトを作っているので、さぞかしすごい自主学習をやらせているのだろうと思われるかもしれませんが、息子の自主学習にはノータッチなんです。

宿題の他には、市販の問題集をちょっと追加するぐらいです。

教科書ワークの算数を1~2ページやると、もう一杯いっぱいな風情を見せる息子氏なので、理科や社会もやっておきたいのになぁと思うような時は、問題を読み上げて口頭で答えさせたりしています。

それから天声こども語学習ノートを、毎週ではないけれど、時々やっています。

英語はiKnow!を一日5分くらいでしょうか。ほぼ毎日やっていますが、効果のほどは???

と、これぐらいのもので、あまりたくさん勉強してないですね。学年×10分は、やってるかな。宿題を合わせれば、なんとか。

今までにやってきた通信教育

今現在は、何もやっていませんが、以前は、こんな通信教育を受講していました。

  • ブンブンどりむ
  • 知の翼

どちらも、良い教材でした。この2つの教材の感想も、いずれ詳しく書きたいと思います。

ただ、あまりたくさん量をこなせない息子ですので、学校で自主学習の宿題が出るようになってからは、自主学習に力を入れてやっていこうと決めて、通信教育はいったん、やめることにしたのでした。

自主学習は、自主的に勉強する意欲がイマイチの子にとって、親がきっちり見てあげない限り、自然と楽な方へと流れるものですね。ふと気がつけば「このごろあまり勉強してないよね」という状態になっていました。

通信教育には、ペースメーカーになってくれるという、大きな利点があったんですね。

小学生が通信教育を受講する目的

たくさんの通信教育がありますが、子供がどんな内容の学習を必要としているのか、目的にあわせて選びたいですよね。

小学生が通信教育を受講する目的には、次のように、色々なものがあると思います。

  1. 家で学習する習慣を身につけたい
  2. 学校で習うことを予習したい
  3. 学校で習ったことを効果的に復習したい
  4. 授業でよくわからなかったことを、家でゆっくりおさらいして理解したい
  5. 学校で習ったことを定着させるため繰り返し練習をしたい
  6. 苦手な分野の対策をしたい
  7. 中学受験対策をしたい
  8. 学校で習うことより応用・発展的な問題にも挑戦したい
  9. 調べ学習、観察や実験からのレポート作成など、総合的な学習をしたい
  10. 作文の添削指導を受けたい
  11. 英語の学習をしたい

教科書準拠の通信教育、作文指導に力を入れている通信教育、応用問題にも取り組める通信教育などがありますが、目的をはっきりさせると、候補が絞られてきます。

気になっている通信教育

高学年になる5年生から、学習の軸となり、ペースメーカーになってくれるような、通信教育に1つじっくりと取り組んだらいいんじゃないかなと考えています。

知の翼が、うちの目的にとても合っているということは、以前受講したことがあるのでわかっています。

また、子供がドラえもん好きなので、きっとドラゼミなら喜んで教材を手に取りそうな気もします。

クラスでやっている子が多いチャレンジを子供が選ぶかもしれません。

Z会もとても気になります。

他にも、新しい通信教育、タブレットの教材、中学受験用の講座なども、ちょっとのぞいてみたい。

そして別の案として、塾もあります。塾には行かせないと決めているわけでもないんです。

そんな選択肢の中から、今年度いっぱいかけて色々調べたり試したりして、決めたいと思います。子供がやりたいと言うものがあれば、それで決めるんですけど、やりたいものはないとか、どれでもいいとか言いそうなんですよね(-“-)

新しい記事を書いたら、通信教育のカテゴリに追加していきますので、興味のある方はぜひチェックして下さい。

カテゴリ通信教育

このページのトップへ戻る

総合もくじのあるHomeへ

通信教育

Posted by shino