全統小の結果を聞きに行きました

2015年11月4日

※これは2015年6月の全国統一小学生テストについての記事です※

全国統一小学生テストの結果を聞きに行きました。4年生で、今回は初めて4教科のテストを受けました。難しかった、と本人は言っていましたが、結果はどうだったかというと…

こちらの記事の続きです。

・全国統一小学生テストを受ける人ー?
・全国小学生テストを受けての感想

※この記事で、結果については、全国の受験者の方たちとの比較ではなく、前回までの本人の受験結果との比較で「よかった」「苦戦した」などと書いています。

広告

全国統一小学生テストの結果と感想

受験をした塾に行きましたが、見直し授業は受けないことにしており、塾への入会もしないという意思を伝えていたので、10分ほどで、サラッと結果を聞いただけでした。

今回は算数が、難しい問題で詰まってしまい全部解ききれず、見直しもできずということで、やはり結果も今まで受けた中で一番低い偏差値となっていました。

得意なところ、苦手なところの差が出たのではなく、正答率の低い難しい問題は正解できず、正答率の高い問題は解けていた、という感じでした。

理科も、知識だけではなく、考える問題が多く、学校のテストとはずいぶん違うなーと思いましたが、やはり苦戦したみたいです。

社会はかなり良かったです。問題文がすごいボリュームで、文章をたくさん読まないといけない内容だったのですが、後半もよく得点できていたようです。

そして今回は、国語が非常によかったです。受験するのが3回目ということで、慣れてきて、落ち着いて読むことができるようになってきたのかもしれません。

息子は活字中毒と言いたくなるほど、たくさん読む子供です。速く大量に読みたがります。そういえば今回も、テストが終わった後、社会も国語も時間が余ったと言っていたような。

問題文のボリュームが多ければ多いほど、有利な子ではあるのかもしれないと、今回思いました。

  • 算数の難しい問題や、理科の応用問題に対応できるような勉強をした方がいいのかどうか
  • 読書量が多いおかげか、やはり文章を読み取る力が育ってきているようだ
  • 国語の力がついてきているとしたら、とても心強い

こんな感想を持ちました。

塾では、仮にこの偏差値で中学受験や、高校受験をするならば、どのあたりの学校か、というようなことも教えてもらえました。テストの申し込みの際に、中学受験の予定ありとして、志望校を書いておくと、塾から、中学受験に関する資料をもらえることがあります。貴重な情報源です。

まだ4年生。いや、もう4年生?

学年には、本当にしっかりしていて、勉強が好きで、生活態度も立派でというようなお子さんが何人かいます。中学受験というのはそういう子たちがするものなんだろうなという気がしています。

うちのは、全然しっかりしていなくて、ふざけたりさぼったりして、先生に叱られることもよくある男子です。そして、現状あまり勉強したくない子なんですよね。勉強したくないけど、成績は気になるらしく、自分で今回の小学生テストの成績表をじっくり見ていました(笑) 算数は、本人は得意教科だと思っているので、ちょっと悔しかったみたいです。

塾でテストを受けること自体は、イヤがっていないので、また秋にも全国統一小学生テストを受けてみたいなと思っています。

このページのトップへ戻る

総合もくじのあるHomeへ