今回の全国統一小学生テスト

四谷大塚の全国統一小学生テストの時期になると、1年半前に書いたこの記事に…

→全国統一小学生テストを受ける人ー?

とてもたくさんの方にアクセスしていただきます。多くの方が関心を持っているテストなのだなと実感します。

今回もうちの子供も小学生テストを受けてきました。

どうして小学生テストを受けるのか

学校のテストと通知表だけでは、自分の子供がどれぐらい勉強ができるのかわかりません。

中学受験するかどうかを考える以前の問題で、そもそも受験勉強をすれば合格できる可能性があるのか、全然ないのか、それがわからないのです。

この小学生テストは、全員が受けるわけではないですが、都道府県別の偏差値、全国の受験者の中での偏差値を知ることができる貴重なテストです。

塾は、この時期に小学生テストでどれぐらいの偏差値を持っていた子が、後にどの学校に合格したか、というデータを持っています。

今回の小学生テスト

今まで何度か受けてきて、だいぶ慣れたのでしょうね。すごく緊張するとか、集中できない、時間が足りないということはなく、力は出し切れた様子でした。

学校のテスト、都道府県の学力テスト、CRTなどとは、難易度や分量がまったく違うので、慣れないうちはびっくりして、力を出し切れないことがよくあると思います。

過去問チャレンジのページで見ることができる問題は、特に難易度が高いものは省かれています。

なので、思わぬ点数になったとしても、あまり親が動揺せず、次またがんばればいいということを教えてあげるといいと思います。

うちの子は、5回目の今回、ようやく、どの選択肢を選んだのかを問題用紙に書いて来る、という行動ができるようになりました。

おかげで初めて、自己採点というものができます。

採点してみると、点数は、今までの中で一番よかったです。平均点が高いのかもしれませんし、偏差値はどうなるかわかりませんが、よくがんばったと思います。

ちなみに、この半年で家庭学習にプラスしたことは?と考えてみると、Z会です。

→5年生に進級し通信教育の内容は?

効果があったのだとしたら、嬉しいですね。

それに、やはりテストに慣れて、集中して取り組むことができるようになったことが、得点アップの理由のような気がします。

前回までは、間違えた問題の中に、これは解けてもよかったんじゃない?と思える問題がいくつもありましたので。

大きな会場で受験するメリット

前回から、大きい会場で受験しています。4年生の秋より、5年生春の今回は、すごく人数が増えたように見えました。

勉強をがんばっている子が、たくさんいます。みんな、なんだかすごく賢そうに見えます。

うちの子供は、そんなお子さんたちの中で数時間を過ごして、少なからず刺激を受けたと思います。

親御さんたちも、説明会で熱心にメモを取っていたり、塾の先生に積極的に質問をしたりしていました。

中学受験はするかどうかわかりませんが、遅くとも高校受験、大学受験ではライバルになるかもしれない子たちと、その親たちを、身近に見られるということが、このテストを受ける一番の意義ではないかと思います。

イヤな言い方ですが、うちの子は、この子たちに勉強で勝たなければいけないんだな、という目で、見ずにはいられないんですね。みんながんばって、みんな合格できれば一番いいのですが、そうではありません。

気を引き締めて、家庭学習について計画を練り直しているところです。

このページのトップへ戻る

総合もくじのあるHomeへ