主語と述語の学習-その2

2018年3月25日

2年生向けの、主語と述語の問題を解く家庭学習ノートの案です。

こちらもよろしければご覧下さい。
主語と述語の学習-その1

その1では、主語と述語とは何か、ということを、手で書いて確認する学習をしました。今回その2では、文の中から、主語と述語を見つけて、線を引く問題を解いてみます。

主語と述語の演習問題として、どの問題集にも載っているタイプの問題です。さらに、もう少し難易度を上げたい場合は、主語がない文、主語がまぎらわしい文の問題へと進みますが、ここでは、まず比較的やさしい問題に取り組んでみることにしましょう。

  1. 文から主語と述語を見つける。

それでは、ノートの見本を見ながら、説明していきます。

主語と述語の問題をやってみよう

教科書や問題集から、問題を写させるか、親が問題を考えてあげましょう。

親が問題を考える場合は、ノートに書いてあげてもいいですし、お子さんの文字で全部書かなければいけない場合は、別紙に問題書いてあげて、子供にノートに写させるなどしてみてください。

主語と述語その2の問題

問題が解けたら、答え合わせをして、コメントなどを書いてあげます。

主語と述語その2の解答

その他の主語と述語の問題

主語と述語の問題に慣れてきたら、こんな問題にも挑戦してみましょう。

少し長い文や、主語が文の先頭ではない文から、主語と述語を見つける問題です。

  • わたしはにわに花をうえた。(主語=わたしは、述語=うえた)
  • 木に鳥がとまっている。(主語=鳥が、述語=とまっている)
  • 雨上がりのにじがうつくしい。(主語=にじが、述語=うつくしい)
  • ライオンはねこのなかまだ。(主語=ライオンは、述語=なかまだ)

主語がない文にも挑戦してみましょう。

  • 妹におり紙をあげました。(述語=あげました)
  • きのうの夜、ながれ星を見た。(述語=見た)

また、主語、述語のある文を、自分で考えて書いてみる、という学習もとてもいいと思います。

2年生の家庭学習ノート

2年生ノート画像一覧