数を整理してくらべよう

2015年2月24日

1年生算数の自主学習ノート例

ものの数を数え、整理して数を比べる学習をしましょう。

まず、数えたものを、〇の数であらわします。それから、〇の数を合わせたり、数の差を比べたりしてみましょう。表、グラフの学習につながっていくと良いと思います。

  1. 数を整理して比べる練習問題

それでは、ノートの作り方をくわしく説明していきます。

数を整理する家庭学習

まずは、数えるものをノートの上半分にかきます。簡単にイラストを描いてあげてもいいですし、動物や果物の柄のシールをたくさん貼ってもいいと思います。

特に、より多くのものを数える練習をしたい時には、イラストを描いてあげるのも大変ですので、シールを貼る方法がおすすめです。

次に、問題をノートに書きます。左下には、かぞえた結果を〇の数でグラフのようにあらわすスペースを作りましょう。

部分的にでも、お子さんが自分で問題も書くことができるように練習していくといいですね。

数を整理してくらべるb

動物の数を数えて、〇で表します。(〇の大きさをそろえてかくようにしてください)

バラバラに描かれている時より、数を比べやすくなることに気がつくでしょうか。

数を整理してくらべるa

丸つけをして、コメントを書くとノートの完成です。

〇であらわし、並べることで、数えやすくなるんですね。これから上の学年では、表やグラフにあらわしたり、正の字を書いたりして、数をかぞえて整理する方法を習っていきます。

「算数が得意な子」になるために

高学年になる頃には、算数が得意な子と苦手な子に分かれてきます。そして中学生になると、その差は大きく広がってしまいます。

おうちでできる、楽しくて本格的な算数専門の教材をプラスしてみませんか?

  • 個別フォローがつくのにリーズナブル
  • 無学年制で復習も先取りもできる


  • 個別フォローがつくのにリーズナブル
  • 無学年制で復習も先取りもできる

1年生の家庭学習ノート、自主学習ノートバナー

1年算数

Posted by shino