気持ちをあらわす言葉【6年英語自主学習】

今日は6年生英語の自主学習ノートをご紹介します。

気持ちを表す言葉や、食べ物の名前を、英語で書く練習をしましょう。

英語のノートは、4本線が書かれたものを使っている方もいると思いますが、自主学習ノートでも英単語の練習をすることができます。

意味を確認し、くり返し書くことで、英単語をしっかり覚えましょう。

教科書などから、練習したい英単語を選びましょう。

気持ちを表す英単語の自主学習ノート

上の画像のように、横線を引いてノートの準備をします。

英語学習用には、下の図のような四本線のノートがよく使われます。

4本のうちの下から二番目の線が色付きになっています。その線を目安に、文字を揃えて書きやすくなっています。

自主学習ノートとしては5㎜方眼のノートがよく使われますが、目安となる線を先に定規で引いておくと、英単語を書く練習をしやすくなります。

日本語の意味を書き、英単語を2~3回書いて練習します。英単語の意味に合わせて、簡単なイラストを描いてみるのもいいと思います。

気持ちを表す言葉の他、食べ物の名前の英単語もいくつか練習することにしましょう。

イラストには色も塗って、このように自主学習ノートの例を仕上げてみました。

気持ちを表す英単語の自主学習ノート

教科書に載っていない単語も、辞書などで調べて練習してもいいと思います。

  • くだものの名前
  • 色の名前
  • 月や曜日の名前
  • 太陽系の惑星の名前

など、テーマを決めて英単語を調べて書くのも、楽しくていい自主学習になると思います。

いま世界的に大変なことになっていて、小学校が休校になっている方がほとんどだと思います。

学校へ行けないのはつらいことですが、自学自習の力をつけるよい機会として、自主学習ノートづくりをがんばることをおすすめします。

新学年の教科書が配布された方は、まずは教科書をどんどん読み進めましょう。そして、教科書に載っている問題を解いて、予習をしましょう。

  • 教科書を見ながら、自主学習ノートに問題を解く
  • 重要そうなことを自主学習ノートにまとめる
  • 興味をもったことをインターネット等で詳しく調べてまとめる

こんなことに取り組んでみてください。

寝坊や夜更かしの習慣がついてしまうと、学校が始まる時に生活のリズムを戻すのが大変です。

朝は遅くならないよう起きて、しっかり朝ごはんを食べてくださいね。

学校に行く時と同じように時間割を組んで、勉強や家の中でできる運動、お手伝いなどをするのもいいですね。

本を読んだり、ニュースを見たりして、地球のことや将来のこと、そして命について、ゆっくり考えたり、家族と話し合ったりしてみましょう。