漢字の練習・カタカナで書く言葉さがし

2018年5月4日

漢字の学習と、カタカナで書く言葉さがしの学習をしましょう。

カタカナの書き方は1年生で習いましたが、2年生では、身の回りのどんなものをカタカナで書くのかを学びます。

  1. 読みがなを見て、漢字を書く練習
  2. カタカナで書く言葉を自分で考えて書く学習

今日はこの2つを組み合わせたノートの作り方を紹介します。

漢字学習の進め方の例

  1. お手本の漢字を見ながら、書き写す練習をする。
  2. 読み仮名を見て漢字を書き、覚えたかどうか確かめる。
  3. 覚えていない漢字は、また手本を見ながら繰り返し書く。
  4. 2,3を繰り返す。
  5. 一か月後、三か月後など、間をおいて、再び2,3を繰り返す。

ここでは、上記の「2」「3」にあたる練習をします。

手本を見ながら書くを練習をして、だいたい覚えたかな?という漢字について、確かめ、定着させる大切な学習です。

漢字の覚え方について、詳しく説明した記事を書きましたので、よろしければお読み下さい。

漢字を覚えるためのたった1つのコツ

また、このページの後半では、身の回りのものごとから、カタカナで書く言葉探しの例をご紹介します。

家庭学習ノートづくりの手順

まず、マス目をどのように使うか考えながら、教科書や漢字ドリルから、最近習って覚えた漢字の「読みかた」をノートに書いていきます。

自分で書けるお子さんは自分で書きましょう。ノート作りに慣れないうちは、親が線を引くところまで、または手本を書くところまで、やってあげてもいいと思います。

次に同じようなノートを作る時に、後半は自分で書かせるようにするなど、じょじょに、全部自分で書けるようになることを目指していきましょう。

2年国語基本ノート002

お子さんがページを埋めたら、コメントやマルをかいてあげましょう。シールを貼ったり、かわいいスタンプを押してあげるのも、きっと励みになりますね。

2年漢字とカタカナ

カタカナで書く言葉には、次のような種類があります。

  1. 外国の地名や人の名前
  2. 例)イギリス、インド、ニュージーランド、イタリア、ブラジル、ワシントン、パリ、エジソン、スティーブ、

  3. 外国から来た言葉
  4. 例)トマト、ボール、ガラス、テーブル、テレビ、バス、タイヤ、ジュース、ノート、ケーキ、サッカー、ジャンプ、

  5. ものの音や動物の鳴き声
  6. 例)トントン、ガチャン、ドスン、ピューピュー、パチパチ、ニャーニャー、コケコッコー、ブーブー

他にもいろいろと探してみてくださいね。

勉強のやる気を保つために

漢字練習を、1ページ分行うのは、子供にとって忍耐力がいる学習です。

家庭学習ノートの他に、漢字練習の宿題も出ている場合などは特に、漢字を黙々と書きとる練習をさらに家庭学習ノートでも追加するのは、子供にとってちょっとキツイかもしれません。

家庭学習ノートで学習をすること自体が嫌になってしまわないよう、内容を工夫したいものです。

漢字練習はノートの半分にして、もう半分には、頭の体操になるような学習を入れてあげると、気分転換にもなって、子どものやる気も保てるのではないでしょうか。

2年生の家庭学習ノート

2年生ノート画像一覧