四字熟語の学習

四字熟語の自主学習ノートを作りましょう。四字熟語の学習方法も色々あると思いますが、ここでは、次の三つの問題形式で四字熟語を学習します。

  1. 漢数字を入れて四字熟語を完成させる問題
  2. 反対の意味を持つ漢字を入れて四字熟語を完成させる問題
  3. 四字熟語の書きの問題

それでは、ノートの詳しい作り方を説明していきます。

四字熟語の自主学習ノート

ノートをどう使って学習するか、レイアウトを考え、罫線を引くなどの準備をします。

下の画像のように、問題を書きましょう。

教科書に載っているもののほか、漢字辞典、四字熟語辞典などから四字熟語をたくさん集めて、オリジナルの問題を作ってみるのも、とてもいいと思います。

一番下の書き取りの問題では、書き方を間違えやすいと思われる四字熟語を取り上げました。

四字熟語6年b

問題を書いたら、□やかっこにあてはまる漢字を入れていきます。

四字熟語6年a

解答を見ながら、答え合わせをします。

オリジナルの問題の場合は、親が答え合わせをしてあげるか、自分で辞書等を見ながら、正しく書けているか確認しましょう。

一□一□のところは、ここに書いた「一進一退」の他に「一長一短」「一世一代」「一向一揆」「一喜一憂」「一期一会」「一挙一動」などがありますね。

四字熟語の学習方法その他の例

ここで挙げた、四字熟語の穴埋め、書き取りの他に、次のような四字熟語の学習方法もあります。

  • 意味から当てはまる四字熟語を考えて書く。
  • 四字熟語の意味を辞書で調べて書く。
  • 四字熟語を使った例文を考えて書く。

工夫して、自主学習ノート作りに取り入れてみて下さい。

ページのトップへ戻る

6年生の家庭学習ノート

6年生ノート画像一覧