部首を調べて漢字を書こう

2018年3月10日

同じ部首の漢字を調べて書く学習をしましょう。

小学校で習う漢字の中に、さんずい、きへん、ごんべん等、同じ部首の漢字がたくさんあるものがあります。これを調べながらまとめて書くことで、漢字への理解を深められるようにとのねらいです。

仲間になる漢字を集めて覚えることで、1つ1つの漢字をバラバラに覚えるよりも、しっかり記憶できると思います。

3年生のノートを想定して、見本画像を作ってみました。

部首の自主学習ノートを作りましょう

このような内容で学習をしてみましょう。

  1. 同じ部首の漢字を集めよう

特に仲間の漢字が多い部首をいくつか選んで行います。親子や兄妹で、いくつ思いつけるか競争してみるのもいいですね。

部首の家庭学習ノートの作り方

いつものように、どこに何を、どれぐらいの大きさの文字で書くか決めることから、ノート作りを開始しましょう。

どの部首について学習を行うか決めます。以下の記事も参考にしてみてください。

自主学習のヒントに-部首が同じ漢字集め学年別

小学校全学年について、同じ部首の漢字が多いものをまとめた記事です。自主学習のヒントも紹介していますので、よかったらあわせてご覧ください。

 

罫線を引くなど、書きやすく、見やすくなるよう工夫をすることも勉強のひとつです。

同じ部首の漢字を集める自主勉ノート1

基本的に、教科書や漢字字典などを見て同じ部首の漢字探しをすることを想定して、ノート見本を作りましたが、何も見ずに、知っている漢字を書いていくのでもいいと思います。

その場合でも、その部首で正しいのかどうか、自分で確認し、できれば親もチェックしてあげることが望ましいです。間違えたまま覚えてしまうと、覚えなおすのが大変ですので。

同じ部首の漢字を集める自主勉ノート丸つけ後

花丸を書いたりスタンプを押したり、ちょっとしたコメントを書いてあげましょう。

さいごに

部首の家庭学習ノートは、色々な作り方を考えることができます。

低学年では、まだ習った漢字が少ないので、部首の勉強はやりにくいのですが、3年生以降は、どんどん取り入れていきたいですね。部首に詳しくなることが、漢字学習のとっかかりになって、苦手だった漢字が得意に変わる、というお子さんもいます。

漢字字典は、使う回数が多ければ多いほど、速く便利に使いこなせるようになります。積極的に取り組んでみてください。

漢字に関するその他の記事

3年生の家庭学習ノート

3年生ノート画像一覧