正方形と長方形の面積

2019年5月4日

正方形と長方形の面積の自主学習

正方形と長方形の面積の求め方についての自主学習ノートをご紹介します。

これまで、四角形、三角形、円など、様々な形があることを教わってきました。

正方形や長方形は、4つの角がすべて90度、直角になる四角形です。

面積の計算の仕方の最初の学習として、これらの四角形の面積の求め方を、しっかり身につけたいと思います。

  1. 正方形と長方形の面積を求める

ノートのマス目を利用して図形を描いていきます。じょうぎを用意して、ノート作りを始めましょう。

正方形と長方形の面積

ノートに問題を書いていきます。教科書の練習問題、副教材に算数のドリルなどがあればその問題、または「教科書ワーク」「教科書ぴったりテスト」のような問題集をお使いであれば、そういったものから問題を書き写しましょう。

そのうちの1問でも2問でもいいので、自分で四角形の寸法を考えて、オリジナルの問題を作るのも、とてもいい学習になるのでおすすめです。

正方形と長方形before

式と答えを書きます。

式が2つ以上になる問題もあります。見なおしがしやすいように並べて書く習慣を、早いうちからつけた方がいいですね。

正方形と長方形after

解答がある場合は、自分で丸つけをしてもいいですね。解答がない場合は親が答え合わせをしてあげましょう。

自分で丸つけをした場合でも、最後に親が見て確認し、コメントを書いたり、ハンコを押したりします。

面積の計算

他には、こんな問題もやってみましょう。

  • 一辺の長さと、周囲の長さがわかっている長方形の面積
  • 周囲の長さだけがわかっている正方形の面積
  • 身の回りから正方形のものを見つけ、その面積を計算する

あえて四角形を斜めに描く問題もやった方がいいですが、四つの角が直角になるよう気をつけて、図を描いてください。

平行四辺形や、台形になってしまうと、面積の計算の仕方が違うからです。自分で問題を作る場合など、気をつけてみて下さいね。

4年生の家庭学習ノート

4年生ノート画像一覧

4年算数

Posted by shino