特別な読み方をする漢字

特別な読み方をする漢字を集めて、家庭学習ノートを作ってみましょう。

二つ以上の漢字をひとまとめにして、特別な読み方をする言葉を「熟字訓(じゅくじくん)」といいます。

  • 明日(あす)
  • 今日(きょう)
  • 今朝(けさ)

など、漢字一字一字の読みにはない、特別な読み方をする熟語のことです。

  1. 漢字の特別な読み方を覚える

ここで取り上げた熟語の中には、小学校では読み方を習わないものも多くありますが、自主学習として覚えるのはいいのではないでしょうか。

特別な読み方をする漢字の家庭学習

漢字辞典に載っていたものを参考に、ノート見本を作りました。

これ以外にもたくさんの、特別な読み方をする漢字がありますので、辞典などで探してみてください。

特別な読みb

漢字を書き写したら、自分で考えて読みを書いてみましょう。

書けたら答え合わせをして、まちがえていたものは、正しい読みを覚えましょう。

特別な読みa

意味がよくわからない言葉はなかったでしょうか。

  • 築山(つきやま)…人工的に作った山のこと。庭園、公園に作られるものなどがある。
  • 時雨(しぐれ)…秋から冬にかけて起こる、一時的に降ったりやんだりする雨。
  • 山車(だし)…祭の時に引いたりかついだりする、かざりつけをした屋台。

他にも、見なれない言葉があれば、辞書を引いて、意味も確認してみてください。

ページのトップへ戻る

6年生の家庭学習ノート

6年生ノート画像一覧