時こくと時間の練習問題

時刻と時間についての自主学習ノート例を紹介します。

時間、分、秒の単位の換算の問題や、時間の計算の文章題をやってみましょう。

  1. 時間の単位の換算
  2. 時こくを求める文章題

今回は、かけ算の筆算は使わない問題だけにしました。3年生の後半になり、かけ算の筆算も習った後には、筆算も使う問題も取り入れてみるといいと思います。

広告

時刻と時間の練習問題

下の画像のように、問題をノートに書きましょう。

一番下の文章題では、時計の文字盤を描き入れました。コンパスを使って手で描いてもいいですし、文字盤の画像をコピーしたり、印刷したりしてノートに貼ると良いです。また、このノートの例では、どうしても文字盤が必要というわけではないので、時間がない時は、省略して頂いてもかまいません。

文字盤の画像を印刷する方法については、こちらの記事を参考にしていただけたらと思います。

・小学生の自主学習用・時計の文字盤の画像

3年生で習う漢字は、ノート例では漢字で書いていますが、まだ習っていない漢字があれば、ひらがなで書いてもいいですし、漢字で書いてふりがなを振るなど、調整して下さい。

時こくと時間b

1分=60秒
1時間=60分

これをしっかり復習しましょう。また、今回は問題に含めていませんが

1日=24時間

ということも、確認するといいですね。

時こくと時間a

今のところは、60進法の繰り上がり、くり下がり…と計算するのではなく、時計の文字盤を見て、または頭に思い描いて、何分後、何分前がわかればいいと思います。

苦手と感じるお子さんも多いのが、時刻と時間の計算問題です。文字盤の読み方からあやふやな場合があるので、こういった問題に戻って、段階を踏んで復習してみて下さい。

・時計を読む・文字盤に針を描きこむ(1算)
・時計を見て考えよう(2算)

ページのトップへ戻る

3年生の家庭学習ノート

3年生ノート画像一覧
 

3年算数

Posted by shino