海流と漁業

日本は水産物消費の多い国で、水産業がさかんであることを、社会の時間に習います。

漁業のさかんな地域について、地形や天候、人のくらしなど、様々な角度から勉強します。その中から今日は、日本のまわりにどのような海流があるかということと、漁業の種類について、自主学習ノートにまとめてみたいと思います。

  1. 日本のまわりの海流を地図に描きこむ
  2. 3種類の漁業についてまとめる

それでは、自主学習ノートの作り方を、説明します。

広告

海流と漁業について自主学習ノートにまとめよう

日本地図をノートに写します。ざっと日本列島の形を、地図を見ながら手で描くことができればOKです。または、地図帳をコピーしたものを、ノートに貼ってもいいと思います。

日本地図をノートに写す方法を色々考えた記事もありますので、よろしければ参考にして下さい。

・ノートに日本地図を写したい【その1】コピーして貼る

※このページで紹介しているノート見本は、上記のページから印刷できる日本地図の「県境の線なし」の小さい方の地図を使い、島などを後から描きこんでいます。

・ノートに日本地図を写したい【その2】描き写す方法

海流と漁業b

ノートの下の方には、「遠洋漁業」など漁業の種類と、その意味を、簡単に文章でまとめてみることにします。

海流と漁業a

このノート見本の画像では、暖流を赤、寒流を青で描きました。

海と水産業についてさらに調べてみよう

このような言葉も大切ですので、確認しておきましょう。

  • 大陸だな…大陸や日本近海にある、水深200mくらいまでの浅い海。プランクトンや海そうが多く、多くの種類の魚が住んでいる。
  • 魚群探知機(ぎょぐんたんちき)…漁船に積み、魚の群れを探す機械。
  • 水産業…海や川などにいる生物をとったり、養しょくやさいばい漁業をしたりする産業。

自主学習や、自由研究に、このような学習もおすすめです。

  • 日本地図に、日本の主な港の場所と名前を書きこむ。
  • 日本の主な港で多くとれる魚の種類を、日本地図に書きこんだり、表にまとめたりする。

ページのトップへ戻る

5年生の家庭学習ノート

5年生ノート画像一覧